飲む日焼け止めサプリに副作用ってあるの?

飲む日焼け止めサプリに副作用ってあるの?

最近は、紫外線対策として飲む日焼け止めサプリが注目を集めています。

 

サプリメントですから当然体内に服用することになります。

 

中には、紫外線からのダメージを防ぐことができるぐらいの成分が含まれているのだから、何か体にも影響があるんじゃないかと不安に思う人もいるかもしれません。

 

飲む日焼け止めサプリの主成分には、FernBlockとニュートロックスサンがあります。

 

FernBlockは、中央アメリカに生息するシダ植物の一種から抽出した成分です。

 

ニュートロックスサンは、シトラスとローズマリーから抽出したポリフェノールの一種です。

 

紫外線のダメージを防ぐ効果は、植物の力が有効なのです。

 

いずれも天然由来の成分であることから、これまでに主な副作用の報告はなされていません。

 

ちなみに、年齢制限もありませんので、小さなお子さんも使用することができます。

 

小さなお子さんでも飲めることでも、安全性の高いサプリであることがわかります。

 

ただし、妊娠中や授乳中の場合はNGであるか、もしくは医師に相談の上服用してくださいと書かれているので、その点は注意しましょう。

 

国内産の飲む日焼け止めサプリなら、初回限定のお試し価格で購入できるものが多いですので、手軽に飲みやすさや効果を体感することができます。

 

サプリタイプの飲む日焼け止めで、美肌をキープ

 

飲む日焼け止めとして有名なサプリメントの人気が急上昇しています。

 

日焼け止めといえば、白浮きしたりべたつきやかさつきが気になる、塗ったのに汗で落ちてしまうという悩みがつきものの、塗るタイプが一般的でした。

 

ですが、その悩みを一気に解消しつつ、お肌を美しく健康に保つことができるのがサプリメントとしての飲む日焼け止めです。

 

サプリメントは、薬ではなく栄養補助食品ですので、副作用の心配もありませんし、主な主成分は天然のポリフェノールですので、効果的に活性酸素を除去し、日焼けのダメージから肌を守ることができます。

 

飲む日焼け止めのサプリメントは、アメリカではごく一般的な商品として知られ、今までも個人輸入で購入することは可能でした。

 

最近では日本でも知名度が高まり、美容外科医が開発した日本製のタイプは信頼性が高いとして注目を集めています。

 

飲む日焼け止めは、日光を浴びる予定の30分から1時間程度前に飲むことで、紫外線のダメージをブロックすることができます。

 

長時間屋外にいるときは、数時間後再度服用することで、長時間日焼けのダメージからお肌を守ることが可能です。

 

肌が弱くて日焼け止めを使えない方も、飲むタイプなら刺激が無いので安心です。