日焼け止めサプリのデメリットとは

日焼け止めサプリのデメリットとは

今までは皮膚が弱い人、肌が荒れやすい人などはSPFの数値が高い日焼け止めクリームを使用することができませんでした。

 

しかし飲む日焼け止めサプリが登場したことにより、直接肌にクリームを塗る必要がなくなり、皮膚が弱い人や赤くなりやすい人でも日焼けを防止しやすくなりました。

 

そういった点では飲む日焼け止めサプリはとても便利でメリットも多いですが、デメリットの面もあります。

 

それは、外出する30分前に飲む日焼け止めサプリを飲む必要があること、予め規定されている時間が経過するとサプリの効果がなくなるので、延長したい場合は飲む日焼け止めサプリを飲み足す必要があることです。

 

たいてい多くの飲む日焼け止めサプリは一度服用すると5時間程度効果を持続することができます。

 

それ以上屋外にいる場合は、5時間が過ぎる前に飲む日焼け止めサプリを飲み直さなければなりません。

 

これを手間と考えるかどうかは個人差がありますが、時間を気にしなければならないのは意外に面倒です。

 

しかし日焼け止めクリームにおいても、長時間外にいる場合は塗り直しが必要になります。

 

どちらの手間をかけるのか、と言う点では同じですが、飲む日焼け止めサプリにもデメリットがあることを知っておくべきです。

 

飲む日焼け止めサプリの選び方

 

飲む日焼け止めサプリが話題となっていますが、様々なサプリがインターネット上では販売されています。

 

しかし、日焼け止めサプリを購入するのが初めての方にとって、どれを購入すればいいのかわからない、ということも多いのではないでしょうか。

 

そこで、日焼け止めサプリで、は、どのような点で選べばよいのでしょうか。

 

まず、いくら通販で販売されているからといって、あまりにも安すぎるもの、値段が下げられているものは、注意が必要となります。

 

通販では価格の安いものに惹かれがちですが、しかし、場合によっては、偽物である場合もありますし、体に良くない成分が入っている可能性があります。

 

このため、選ぶ際には、価格が安すぎるものは避けるようにしましょう。

 

そして、原産国、そして成分、さらにはネットの口コミなどを参考にして選ぶようにしましょう。

 

こうすることで、失敗を防ぐことができますし、購入したけれどこんなはずじゃなかった…ということになってしまうことを防ぐことができます。

 

ネット通販で購入する場合には自己責任となってしまいますので、このあたりのことも、必ずしっかりと下調べをしてから購入するということを頭に入れておくことが必要となります。